fc2ブログ
minister108の人生上り坂
minister108がなにかをだらだら書き続ける。
リンク

Profile

minister108

minister108

  • Author:minister108
  • ・てんぱ~大臣
    ・暇があればPCをいぢいぢしてる
    ・108の由来は煩悩の数じゃなくてん(10)ぱ(8)

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

選挙に行きましょう2
好きな漫画にサンクチュアリっていうのがある。

amazon

ポル・ポト政権下のカンボジア難民だった二人の日本人が、帰国後感じたことは腐った日本。
一人は政治家として、一人はそれを支えるヤクザとして、日本人に「生きる」とは何かということを残すために突っ走る。
1990代に書かれているとは思わないくらい、今の日本にも通用するような世界観とストーリー。
その中でこんなシーンがある。

社会を変えようと街頭演説をする主人公に一人の男が歩み寄って
「君たちの言うこともわかるが、私たちは現状に不満もあるがそこそこ満足している、だったらそのままでいいのではないか?」
と問いかける。主人公は一言
「一歩だけ踏み出しましょう」
と話す。

※流れ的に今の民主党を想像させるが別に民主党をおしているわけではない。
 政党に関係なく、今の政治を一歩先に進めましょうという意味です。

で、ふと思った。
前の記事のコメントで書いたように昔は「自分の一票で結果が変わるわけでない」と思っていた。

これって、なんとなく恋愛に似てる気がした。
候補者Aに投票するのが自分ひとりだとわかっていたら、わざわざ投票なんかしない。
でも、実際には自分と同じ事を考えて候補者Aに投票しようとしている人が沢山いるかもしれない。でもそれは開票されるまでわからない。

恋愛で言うと好きな人がいて、「相手も自分のことを好きだろうか」とドキドキしながら告白するような。
勇気を出して告白したら、実は相手も自分のことを好きだった=信じて投票してみたら、実は同じ事を考えている人が多かった、みたいな(笑)

個の時代だからこそ、見えない誰かを信じることが難しいのかしら?


最後に漫画サンクチュアリで出てきた台詞を。
「あんたらの一票は候補者に与える一票じゃない、あんたらの考えを示す一票なんだ」
「うぬらぁー何ウダウダやってんだ!さっさと選挙にいかんかー」
↑両方うろ覚えw

この記事に対するコメント

行ってきたww
大勢はあるものの「負け方があるだろう」と、今回は自民に。

う~ん、怖い結果となりましたな~。
この一度の政権交代が取り返しのつかんことにならなければいいが…。。
【2009/08/30 22:18】 URL | bzow #- [ 編集]


この議席数はさすがにまずいよねw
民主で3分の2以上になると今以上にパワーバランスが不安定になるし。

民意という言葉の元にバランスに欠いた予算の付け替え、外国人参政権、人権擁護法案などが次々進められていくのかなあと思うとテンションが下がる。。。
【2009/08/30 22:33】 URL | 108 #- [ 編集]


だよね~。。
外国人参政権&人権擁護法案&外貨準備金はマジで取り返しのつかんことになるかも。

あと自民が推進してた広告税には基本的に賛成だったりする。
マスコミはしてやったりだろうね。偏向報道で大勢が決まって。
これは流石に麻生さんがかわいそうだわ。
【2009/08/31 00:56】 URL | bzow #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://minister108.blog19.fc2.com/tb.php/1143-fb206904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)